200年程パリを見守るパッサージュ-Galerie Vivienne-

パリにはパッサージュという屋根付きの商店街のようなものがある。

商店街と言っても八百屋さんなどが入っているわけではなく、

建物もとても美しいので少しお洒落をして行きたいようなところ。

Galerie Véro-Dodatというパッサージュにはあのルブタン一号店があるくらい。

そんなパッサージュの中でも最も美しいと言われているのが”Galerie Vivienne”。

1823年に建てられたこの歴史あるパッサージュ。

古いものをとても大切にするヨーロッパの文化が私はとても好き。

カフェやビストロなど食事を取れる所もあれば

品のあるムッシューの本屋さんもあり、

子ども向けの木製おもちゃ屋さんもある。

床のタイルまで素敵なこのお洒落なパッサージュをただ歩くだけで私は嬉しくなる。


雨の降る日、チュイルリー公園でのピクニックが中止になって

ルーヴル美術館も人で溢れてどうしようと思った時は

ガラスの屋根に守られた素敵なパッサージュをお散歩なんて、いいかも。

—–
Galerie Vivienne
6 Rue Vivienne, 75002 Paris

最寄り駅: Bourse <M3> / Grands Boulevards – Richelieu Drouot <M9> / Palais Royal <M1>

営業時間: 店舗により異なる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。