ソウルの街角美術館と素敵な本

昨年の事になるけれど、初雪が降る頃ソウルを訪れた。

過去5回ほど行ったソウルだけれどいつもお買い物ばかりで観光はほとんどしたことがなかった。

今回は、トラベルフォトライターとして世界を旅し、

Surpriceで毎週素敵なコラムを書いている “たじはる” こと、田島知華ちゃんにお誘い頂き、

etourさんの観光しながら素敵な写真を撮ってもらうツアーの体験。

知らなかったソウルの魅力を知ることができた。

今日はソウルのフォトジェニックな街並と、彼女が最近出版した素敵な本を紹介したい。

 

地下鉄4号線 恵化 -ヘファ- という駅から徒歩10分ほどのところに、

路上美術館と言われる建物や壁紙など、街全体のアートを楽しめる街がある。

温かみのあるレンガとドアの色や模様が素敵なお家や、

冬の寒さに負けずに咲く白壁にはえるお花。

おしゃれなカフェが多いソウルの中でも、この街のカフェはセンスが光っていた。

思わず何枚も写真を撮りたくなるだまし絵が描かれたアイスクリーム屋さん。

一番のお気に入りスポットになったのはこのポストカード屋さん。

内装もアーティスティックで販売されているものもとても素敵なものばかりだった。

私達にソファを譲ってくれた看板猫さん。

撮影の途中で一軒家風の素敵なカフェで一休み。

このシャビーシックな椅子や凝ったインテリアの中、温かいホットチョコレートが心から暖めてくれた。

旅行会社や現地のコーディネーターさんにカメラマンさん、みなさんが本当に素敵な方ばかりで

人を幸せにするサービスを作るのはこういう方々なんだろうなととても感じた。

 

そんな素敵な出会いの機会をくれたたじはるちゃんは、年下だけれど私がとても尊敬する友人の一人。

彼女の撮る写真はどれもすごく表情があって心が躍るし、

文章は時に考えさせられたり、時に共感したり、時に大切な事を教えてくれたりもする。

今までも彼女の写真が本の表紙を飾ったりしていたけれど、

今回は初めての彼女のフォトエッセイということもあって話を聞いた瞬間に予約した私。

届くまでもワクワクしていたけれど、実際に本を手にし読んでいる間はもっともっとそのワクワクが増した。

私は新しい街も好きだけどお気に入りの街に繰り返し行くのも好きで

年に5.6回ほど旅行にいくけれど27カ国しか訪れていない。

40カ国以上を旅する彼女が撮影した素敵な写真の中から今とても気になるのはこの2つの街。


思わず自分だけの”死ぬまでに行きたい旅先リスト”を作成したくなってしまうようなこの本
多くの方の手に取ってもらえたら、と私も強く思う。

—–
ソウル 恵化の街角美術館

最寄り駅:地下鉄4号線恵化(ヘファ、Hyehwa)駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。