あしかがフラワーパークの藤の彩り

さまざまな種類の藤が彩るあしかがフラワーパーク。

先日書いた国営ひたちなか海浜公園のネモフィラも有名だけれど、隣の栃木県足利市にあるこちらも負けていない。

あしかがフラワーパークには4種類の藤があり、時期によって少しずつ見頃の藤の種類が変わる。

昨日わたしが訪れた際は一番最初に咲くうすべに藤と、むらさき藤も一部見頃を迎えていた。

藤以外にもツツジなども満開で、彩りだけでなく香りからも春を感じる事ができた。

今まで “藤” という花をあまり見た事がなかったように思えるけれど、この流れの美しい花は

360度どこから見ても繊細で上品な美しい花だ。

桜の中でもピンクの色味が濃く、丸みも愛らしい八重桜も満開。

いい時期なので人ばかりで溢れているかと心配したけれど、

見所が多いことや休憩スペースなども分散しているからか窮屈感は全く感じなかった。

フランスのジヴェルニーに似た雰囲気の場所も。

この時期大人気だという藤ソフトクリームはすっきりとした甘み。

見た事のないとても可愛いお花との出会いも。

ハート形のかわいらしいこのお花はタイツリソウという名で、花言葉まで可愛く “従順” “恋心”

藤がメインの時期なので上ばかり見ていたけれどふと足下を見ると、小さな花達が咲き誇っていた。

私が一番気に入ったのはこのうすべに藤の棚。

東京から車で2時間程と決して近くはないけれど、

違う種類の藤が咲き誇る姿を見にまたすぐにでも訪れたくなるほど。

 

春の週末は忙しい、なんて贅沢な悩み。

—–

あしかがフラワーパーク

〒329-4216 栃木県足利市迫間町607
Tel:0284-91-4939
営業時間:7:00~21:00(ふじのはな物語期間中)

—–