Dusit Thani Maldives -リゾートの全て

デュシタニモルディブの魅力を伝えたくて綴ったレポートも5記事目の今回で最後。

今回は島全体の施設や、館内ツアーで見せて頂いた2世代旅行にもぴったりの広々とした部屋等を紹介したい。
img_3880

島をぐるっとまわった中で最も色が鮮やかだと感じたのが、Arrival Jetty周辺の海。

朝食レストラン The Market から見えているエメラルドグリーンの海がここだ。

モルディブらしいフォトジェニックな桟橋は、ぜひ写真におさめたい所。

桟橋からレストランの反対方向を見ると、まぶしいほど輝く白い砂浜のビーチが広がっている。

橋の中央から写真を撮ると、まるで私たちだけの島にいるような一枚に。

 

時間がなく参加できなかったのだけれど、この海を見ながらヨガのレッスンも行われている。

ヨガをする場所はしっかりと屋根があるので直射日光を浴びることはない。

潮風と波の音。目の前にはこの絶景。

 

すぐ近くにはオープンエアーの広々としたレセプション。

レセプション周辺は特に多くの花が咲き誇っていた。

スタッフの方が教えてくれたシーハイビスカスと言う名の黄色いハイビスカス。

日中は黄色いこの花は日が落ちる頃に落花し、このようなオレンジ色になるらしい。

1日で落花するなんて切ないけれど、落花してもなお美しいこの花に心を奪われた。

 

続いては私たち夫婦のお気に入りのインフィニティプール。

プールの中央にあり、木陰を作ってくれるこの木がまた素敵だった。

プールに置いてある”人をだめにするクッション”のようなビーズクッションに浮かんでいる時間が幸せすぎて

お昼前に出発しなくてはならないというのに帰国日にもこのメインプールを訪れた程。

このプールは夕日を眺める絶好の場所でもある。

雨季にも関わらず私たちを照らし続けてくれた太陽は、オーシャンヴィラの奥へと静かに帰って行った。

 

プールサイドにはレストランとバーがある。

サンドバーはその名の通り、地面が砂になっていて思わず裸足になりたくなってしまった。

バーカウンター席やソファ席、ごろんと寝ころぶことが出来るベッド席まである。

アルコールはもちろん、フレッシュジュースやスムージーまで何でも揃っていた。

こちらのバーでは奥にあるレストランのメニューをオーダーすることも可能。

私たちがオーダーした生ハムのピザは、海やプール後に欲する塩気が効いていてとても美味しかった。

奥にあるシーサイドグリルという名のレストランはプールも海も眺めることができる最高のロケーション。

そしてなんとこちら、モルディブでは珍しいワインセラーが完備。

シーフードやステーキなど豊富な食事メニューとともに、夕日を眺めながらワインで乾杯なんてこともできるのだ。


このエリアにある大きな木に吊るされたブランコも私たちのお気に入りの1つ。

風に吹かれながらブランコで読書をしていると、思わず夢の中に入ってしまいそう。

目が覚めていても夢か現実かわからないほど心地よかったのだけれど。

 

続いては水上ボートの到着ジェッティのすぐそばにあるOCEAN DIVE & SPORTS CENTRE。

私たちが訪れた前日にリニューアルオープンしたばかりのようで床や壁がピカピカ。

ここでは無料でシュノケーリング用のフィンやゴーグルなど一式セットをレンタルすることが出来る。

このダイビングセンターの近くにあるハンモックも波の音が近くてとても気持ちが良い。

ハンモックは意外と乗りこなすのが難しく、鼻歌でも歌いながら乗ろうとしたら・・・一回転してドスン。

優雅に見えるこの写真は、大笑いする彼を横目に再度トライした結果の賜物。

 

ここからは館内ツアーをした際に見せて頂いた設備をご紹介。

デュシタニモルディブはハネムーナーも多いけれどファミリーでの利用も少なくない。

両親がSPAやダイビングをしている間、子供たちはこのKIDS CLUBで楽しい時間を過ごすことが出来る。

門を入ると庭に広がるボートなどの遊具。

雨でも楽しめるように建物内にはおままごとセットや塗り絵などもあれば

奥からはWiiをして楽しそうな子供たちの笑い声が聞こえた。

 

移動中に目に入ったのがテニスコート。

なんと24時間使う事ができ、靴を含め道具はすべて貸し出ししてくれるとのこと。

img_3786

 

私たちは宿泊したウォーターヴィラ以外のタイプのヴィラも見せて頂いた。

ここは2ベッドルームファミリーヴィラ。

2世代での旅行や仲の良い2家族での旅行にぴったりの、2つの独立したヴィラからなっている。

庭にあるのはもちろんプライベートプール。

パラソルやリクライニングベッドも数多く用意されていて、庭でBBQを楽しむことも出来る。

プールの横の道を進むとすぐにビーチが広がっている。

建物や庭部分を含めると1,625m2もの広さを独占。

こんな別荘があったら、なんて素敵だろう。

 

次に訪れたのは2階建てタイプの2ベッドルームビーチレジデンス。

玄関をくぐるとすぐに、ホテルどころか一軒屋にしても贅沢な広さのリビングルームが広がっていた。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デッキへ出ると、室内のものと同じくらい大きなダイニングテーブル。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてプライベートプールは何人でも入れそうなほどの広さだった。

光の具合で見えにくいけれど、奥のビーチにもパラソルとリクライニングベッドが用意されている。
img_3788

こちらでも大好きなハンモックを発見。
img_3790

リビングルームの他にツインの寝室が1階に一つ。
img_3794

2階にはキングサイズベッドのある寝室と

外には広いデッキがあり、こちらでもリクライニングベッドでくつろぐことが出来る。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
img_3797

お風呂からも海が見えるなんて、贅沢と言う言葉をどれだけ使っても足りないくらいだった。
img_3796

 

モルディブと言えば水上コテージが良いと思っていた。

でも実際に見てみると、ビーチ沿いのヴィラは部屋の前のビーチに人が入ってこないのでプライベート感が高く

とてもリラックスした時間を過ごせそうで魅力的。

 

デュシタニがあるのは1000以上あるモルディブの島々の中でも比較的大きな島。

だからこそ色々な設備が充実していたり、部屋が広かったり、

モルディブのリゾートでは最大級の大きなメインプールもある。

 

初めてのモルディブでこんなに素敵なホテルに泊まってしまったら、もう他には行けない。

そう思うのは私だけではないようで、デュシタニモルディブはリピーターも多いそう。

自信を持っておすすめできるデュシタニモルディブの魅力が少しでも多くの人に伝わることを願い、レポートを終えたいと思う。

— Dusit Thani Maldives Report–

  1. Dusit Thani Maldives -Water Villa 憧れの水上ヴィラ
  2. Dusit Thani Maldives -Marketの朝食ビュッフェ
  3. Dusit Thani Maldives -Devarana Spaで至福のひと時
  4. Dusit Thani Maldives -Benjarong Restaurantのタイ料理
  5. Dusit Thani Maldives -リゾートの全て

—–

Dusit Thani Maldives

P.O. Box 2188, Mudhdhoo Island, Baa Atoll, Republic of Maldives

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。