PONY PONY HUNGRYの焼き菓子と靭公園

インスタグラムで美味しそうなアイスの写真を見てから気になっていたカフェがある。

Google Mapとにらめっこをしながら進まないと

カフェだと気が付かずに通り過ぎてしまいそうな、ビルの1階にある PONY PONY HUNGRY。
img_8632

 

お洒落なジュエリーショップにあるような、アンティーク調のショーケースに焼き菓子がたくさん。
a040addd-710f-47a8-87d8-e6d6e400c1c3

 

無造作なのかもしれないけれど、それぞれのお菓子がお皿に合っていて素敵。

種類がたくさんあり、どれもとても美味しそうなのでなかなか決められない。
img_8630

 

“明日のデートに何を着て行こうかな?” と悩んでしまう時のようなワクワク感で見つめてしまった。
img_8631

 

席数は少ないけれどイートインスペースがあるので、店内でコーヒーと一緒に焼き菓子を頂けるのも嬉しいところ。

当初の目的のアイスは食べたいと思っていた味がなかったので、またの機会にとっておくことに。
img_8628

 

お腹がいっぱいだったのでカヌレを一つだけ購入し、

次の目的地に向かって歩いていると広そうな公園を発見。

 

思わず足を踏み入れ奥に進むと、優しいピンク色のイングリッシュローズが目に飛び込んできた。

数あるお花の中でも特に好きなこのお花が公園に咲いているなんて。

img_8633

 

“目的地” ではなく、”偶然” 旅の途中で素敵な場所に出会えると、なんだかとても嬉しくなるのは私だけだろうか。

PONY PONY HUNGRYが導いてくれた事を忘れないように、カヌレも一緒にパシャリ。

ちなみに、もちろんこのカヌレは撮影後すぐに私のお腹の中へ。

個人的には外側がもう少しカリッとしているタイプが好みだったけれど、内側のしっとり感は◎。

img_8639

 

他の花壇も見てみると、どうやらここはただのお花畑ではなくバラ園のよう。

どうりでお花屋さんでよく見かけるバラとはひと味ちがった種類のものがたくさんあるわけだ。

img_8641

 

綺麗なバラに見惚れ、写真撮影を楽しんでいたのは私だけではなかった。

重みのあるカメラを構えた、70歳を過ぎているであろうご年配の方々がたくさん。

いくつになってもマイペースに続けられる “写真” という趣味は改めて素敵だな、と心の中で笑顔が溢れた。

img_8640

 

パラパラと降っていた小雨が葉っぱに残っている。

写真を見返すだけで、この日の空気感まで思い出せそうな気がした。

img_8643

 

バラ園の横の緩やかな坂道では小さな男の子が自転車の練習中。

近くで見守っていたご両親の優しい笑顔に思わず顔がほころぶ。

こういう小さなストーリーを感じられるから公園が好き。

img_8644

 

国内旅行では旅先のその時期ならではの “美しい植物”と “美味しい食べ物” をリサーチする。

今回はコスモスの見頃の時期だったのだけれど、お天気が悪かったのでわざわざ見に行くのは諦めていた。

だからだろうか、どんよりした曇り空の下カラフルなバラたちに偶然出会えた事がとても嬉しかった。

 

スケジュールをしっかりと決め、時間に追われながらの充実した旅も嫌いじゃないけれど

こんな風に小さな喜びや美しさに気づく事が出来るのんびり旅も、やっぱり好き。

—–

PONY PONY HUNGRY

大阪市西区江戸堀2-3-9
Tel.: 06-7505-6915
最寄り駅: 肥後橋駅 / 四つ橋線 から徒歩10分
営業時間: 火-日 12:00 – 19:00 月/休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。