PLUK – Amsterdamのお洒落なショップ&カフェ

アムステルダム出張が決まったのは出発の5日前。

日曜日出発という事で、到着した日は自由な時間があるかもしれないし

仕事前にオープンするカフェがあれば朝食を食べに行けるかも、なんて期待を抱いた私はすぐにアムスのカフェをチェック。

日曜日の夕方、上司と後輩に付き合ってもらい向かったのが PLUK というお洒落なショップ兼カフェ。

img_1163

 

アムステルダム中央駅から徒歩20分程度、宿泊していたホテルからは15分程度。

トラムも良いけれど、このくらいの距離なら歩きながら向かうのも楽しい。

店内に入るとすぐに、フルーツの色鮮やかさが目に飛び込んできた。

img_1089

 

1階はカフェのオーダーと、雑貨販売。

img_1100

 

キッチン用品が多く、北欧テイストのシンプルでお洒落なものがたくさん。

img_1091

 

レジ横にはアクセサリーも。

img_1098

 

お土産に良さそうなのがこのタブレットチョコレート。

アムスの街並みのイラストが可愛くて、最後まで購入するか迷ってしまった一品。

img_1102

 

一通り店内の商品を見た後はカフェタイム。

img_1106

 

こんな風に可愛いケーキが並んでいたら、お腹が空いていなくたって頼んでしまう人が多いはず。

可愛いだけでなく、PLUKのメニューはグルテンフリーやシュガーフリー、ビーガンなどヘルシーなものが多いのも特徴。

img_1096

 

オーダーを終え、ラテが出来あがるのを待つ間

カウンターに飾られたお花と、スタッフの方のさらさらなブロンドヘアーが美しくて思わずシャッターを切った。

img_1105

 

狭くて急な階段を登り、屋根裏部屋のようなイートインスペースへ。

img_1161

 

2階には想像以上に座席数があった。

img_1158

 

日本では珍しく、食事を終えたら自分たちで置いてあるトレーに食器を片づけるスタイル。

img_1107

 

上から見たPLUKの全体像がこちら。

広いスペースというわけではないけれど、余裕のある空間が広がっていた。

img_1110

 

可愛い店内に嬉しくなりながら、やっとラテとブルーベリーマフィンを頂くことに。

img_1112

 

男性2人に付き合ってもらい、申し訳ないなと (ほんの少しだけ) 思っていたのだけれど

僕らだけではこんなお店に来ることはないので良かったよ、と言ってもらい一安心しカフェを後にした。

img_1088

 

ちなみにPLUKがある通りはお洒落なショップやカフェが建ち並ぶ通り。

もしPLUKが満員で入れない時などは、同じ通りにある姉妹店のRee7も良さそうだ。

img_1165

 

店内はPLUKよりもっとカジュアル。レンガの影響か、なんとなくメルボルンを思い出させてくれた。

img_1166

 

大学生の頃、母と旅行でアムスを訪れたことがあったけれど、

あの時はこんなに素敵なカフェがたくさんあることを知らなかった。

 

アムステルダムらしい運河を眺めながら、

頭の中は “今度はプライベートで来てカフェを存分に巡ろう” という想いでいっぱいになっていた。

img_1167

—–

PLUK

Reestraat 19, 1016 DM Amsterdam
営業時間: 9:00 – 18:00 無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。