karamel parisの茶色いケーキ。

ラデュレ出身のパティシエとマネージャーが2016年末にオープンして以来、とても気になっていたkaramel paris。

好きなトリュフレストランや、カヌレで有名なLemoineがあるrue Saint Dominique沿いのお店なのに、なぜか今まで足を運んでいなかった。

今回初めてケーキを食べて、なぜ今までこんなに美味しいケーキを食べていなかったのかと後悔するほどの美味しさに感激。
img_5003

 

大晦日なので開いているか不安だったけれど、アンバリッド近くの角を曲がるとお店の明かりがついている様子が見えて一安心。
img_4991
 

ショーケースには茶色いケーキたちが沢山。

ケーキでもアイスでもマカロンでも、見た目で選ぶならピンクや黄色など可愛い色のものが良いけれど

味重視で選ぶならキャラメルやチョコレート、そしてコーヒーなど茶色いものが私好み。
img_4981
 

私が選んだのは、右手に写る小さなブッシュドノエル。

キャラメル味とチョコレート味があったので、ここは迷わずキャラメル味をチョイス。
img_4984
 

店内は満席だったので、ホテルでじっくり食べることに。

たっぷりとキャラメルが使われているにも関わらず、甘すぎず大人も子供も自然と微笑んでしまいそうな美味しさ。
img_5083
 

友人が選んだのは、左手に写るキャラメルナッツタルト。

我慢できず、お店を出てすぐに食べるというので一口もらった所、思わず目を見開いた。

噛り付くと、キャラメルがトロっと流れ落ちそうなほど柔らかく、ザクザクしたナッツやサクッとしたタルト生地とのバランスが絶妙。

思わずブラックコーヒーが欲しくなるような、至福の一品だった。
img_4986
 

ケーキ以外にも、お土産にも良さそうな可愛い商品がたくさん。
img_4995
 

味見をさせてもらい、すぐに購入を決めたキャラメルやジャンドゥーヤのペーストは小さいサイズでEUR6.50。
img_4975
 

他にもチョコレートチップスや、タブレット、そしてもちろんキャラメルなど気になるものが溢れていた。
img_4968
img_4972
img_4974
 

ケーキがこんなに美味しいのだから、ヴィエノワズリーも気になるところ。

朝8時半からオープンしているので次回はぜひ、朝食に訪れてみたい。
img_4971
 

ちなみにこの記事を書くにあたってkaramel parisを検索していたところ、今年のサロンデュショコラにkaramel parisが出店していることを知った。

ケーキはないけれど、タブレットなどチョコレート類はあるようなので気になる方はぜひ。

*掲載 旅MUSE COLLECTION
Countdown in Paris - パリ シャンゼリゼで凱旋門の花火とカウントダウン –

—–

karamel paris

67 rue Saint Dominique – 75007 PARIS
Tel.:+33 (0)1 71 93 02 94
最寄り駅: Invalides M13 or RER C / Tour Maubourg M8
営業時間: 8:30 – 20:00 無休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。