Shakespare and Company Café – 本屋さんの隣のカフェ –

映画『Before Sunset』で二人が再会する本屋は、パリでも有名なスポットになっている。

Shakespare and Company Bookstore。
img_5552

 

初代の店舗はヘミングウェイの移動祝祭日にも描かれた、歴史のあるお店。

img_5542

 

そんな本屋の隣に、数年前カフェがオープンした。

温かく晴れた日にはテラス席がすぐにいっぱいになるほどの人気ぶりで、

気になりつつも今まで利用したことがなかった。

冬に訪れた今回は、テラス席は空席があったので入ってみる事に。
img_5474

 

温かい店内はやはり満席。
img_5470

 

販売しているのか、ディスプレイなのかわからないけれど

人気だというトートバッグや英語の本がカフェにも置いてあった。
img_5468

 

Websiteを見たところ、コーヒーやケーキ類、紅茶はそれぞれこだわりのお店の物を取り寄せている模様。

img_5466

 

大学生の頃、少しの間だけスターバックスでアルバイトをしていた私。

その頃から、ミルクを温める時の音が好きだった。

そんな事を思い出しながら、オーダーしたラテが出来上がるのを待つ。

img_5472

 

本棚の奥にはお手洗い。

img_5471

 

店内を撮影している間にラテが完成。

img_5479

 

煙草を吸わないのにテラス席を選ぶのは私達くらいだった。

e03a5f14-77a8-469a-a1ca-acc4d8c0e364-2138-000001b13a0cc7ac

 

パリでは人間観察をする事も好き。

次々と吸い寄せられるように書店に人が集まるのを眺めながらラテを堪能した。

img_5494

 

温かいラテを飲んでるとはいえ、やっぱり1月の昼下がりのパリは寒いので、飲み終えるとすぐに退散。

img_5538

 

帰り際に驚いたのは、書店の前で弾き語りをしていた彼がなぜだか半袖を着ていた事。

img_5550

 

パリでは街中やメトロの駅、そしてメトロの中でも急に演奏やダンスが始まる。

最初はびっくりしたし、あまりのボリュームにうるさいなと怪訝な顔をする事も多かった。

けれど近頃は、その音楽に密かにノっているお客さんを見たり

ひどい演奏にお客さん同士であきれている様子を見るのも面白かったりする。

 

パリには古くから変わらないものが多くあるけれど

パリを楽しむ方法は、自分次第でいくらでも変えられる。

 

だからきっと私はこれからも

何度だって、パリへ行く。

*掲載 旅MUSE COLLECTION
Countdown in Paris - パリ シャンゼリゼで凱旋門の花火とカウントダウン –

—–

Shakespeare and Company Café

37 rue de la Bûcherie 75005 Paris
最寄り駅: Saint-Michel – Notre-Dame M4 or RER B/C
営業時間: 月-金 9:30 – 19:00 土日 9:30 – 20:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。