Hotel Saint-Paul Rive Gauche – まるでパリジャンの家庭の朝食 –

朝早くから出かける日が多かったため、Hotel Saint-Paul Rive Gaucheで朝食を頂いたのは1日だけ。

31室しかないプチホテルなので、品数がとても多いというわけではなかったけれど

ホテル内で焼いているというパンの良い香りに包まれながら、こじんまりとしたスペースでの朝食は

なんだかパリジャンの家庭に招かれて朝食を食べているようなアットホームな雰囲気で居心地がよかった。
img_6134-1

 

美味しくて何度もおかわりしてしまったフレッシュジュース。

やっぱりジュースはフレッシュに限る。
img_0770

 

食事はジュースの反対側の可愛い棚に。
img_0747

 

ゆで卵、チーズ、ヴィエノワズリーなど定番の朝食の品はしっかりそろっている。
img_0773

 

小さなころ、旅先のホテルの朝食で必ず食べていたシリアル。

大人になってからはカロリーを気にして食べる機会が減ったけれど、時々無性に食べたくなってしまうもの。
img_0777

 

小麦粉とバターの良い香りを放っていたこのパンたち。

後でスタッフの方にとてもおいしかったと伝えたところ、ホテル内で焼いているとのことで納得。
img_0786

 

私が選んだ朝食はこちら。
lrm_1002

 

パンオショコラが美味しくて、後でもう一つ食べてしまった。

日本ではあまり食べないチーズも、パリに行くとついつい手が伸びる。

癖が無くて美味しいカマンベールチーズだった。
img_0753

 

机が6,7個あるスペースの他に、ファミリーにぴったりの個室も。

メゾネットタイプのファミリールームもあるので、家族旅行にも人気なのかもしれない。
img_0760

 

ラグジュアリーやゴージャスがテーマではなく、

まるでパリにある”第2のHOME”のような、アットホームで居心地の良いこのホテルらしい朝食だった。

—–

Hotel Saint-Paul Rive Gauche

43 Rue Monsieur le Prince, 75006 Paris
最寄り駅: Odeon M4/10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。