真っ白なカフェWalden Woods Kyotoで感じる陽の光。

今回の京都カフェ巡りで一番行きたかったカフェが、2017年末にOPENしたばかりのWalden Woods Kyoto。

img_1998

 

“無機質”なようでありながら、陽の光とともに降り注ぐ”温かさ”がある

真っ白な店内の写真を一目見てから、絶対に行きたいと思っていたこのお店。

img_2029

 

その空間は、カフェの2階にあった。

1階でドリンクやスイーツをオーダーし、お会計を済ませてから自身で上に運ぶスタイル。

img_2010

 

奥にぼんやりと写っているのは、大きな大きな焙煎機。

1966 年のヴィンテージもののようで、PROBATINO社というコーヒー好きの憧れのドイツブランドのものらしい。

詳しい事はわからない私にも、その重みのある焙煎機の存在感がひしひしと伝わってきた。

img_2016

 

お洒落なペーパーバッグに入ったコーヒー豆の販売もある。

img_2011 img_2013

 

私はラテと、コーンフレークを固めたようなスイーツの抹茶味をオーダー。

img_2008

 

店内にはショップのロゴを用いたオリジナルグッズの販売も。

img_2021 img_2017

 

一緒に旅した彼女が可愛いと思わず声にだしたブランケットは、ピンクと水色の色使いが本当に素敵だった。

img_2018 img_2020

 

ドリンクを頂き、ドキドキしながら階段を登り二階へ。

img_2012

 

思っていた以上に素敵な空間が広がっていた。

img_2044 img_2045

 

後から知ったのだけれど、昔好きだったファッションブランド『n°11』のディレクター

嶋村正一郎氏がプロデュースしたカフェということで、私のタイプのど真ん中なのも納得。

img_2043

 

窓側でやわらかな日差しを感じてみたり

img_2033

 

光と影の美しさに引き込まれてみたり

img_2038

 

後から来たゲストの中には、彼女の写真を何枚も撮る彼もいた。

真っ白で自然光による撮影ができるこの空間は、フォトスタジオのように素敵な写真が撮れるにちがいない。

撮られるより撮る方が好きな私たち二人も、ここでは少しだけお互いを撮ってみたりした。

img_2182 img_2183

 

このお店の前に、京都の老舗カフェ スマート珈琲店 でホットケーキとプリンを食べていたため

満腹だったにもかかわらず、この抹茶コーンフレークがとても美味しくてあっという間にお腹の中へ。

img_2065

 

こんなに素敵な空間で、ラテ450円におやつが200円とリーズナブルなお値段なのも嬉しいポイント。

SEASONAL LATTEというのもあり、今の時期はGINGER LATTEとのこと。

 

次は暖かくなった頃に京都を訪れ、またこの真っ白な空間でおだやかな時の流れと陽の光を感じたい。

img_2047

—–

Walden Woods Kyoto

京都市下京区栄町 508-1
Tel.:075-344-9009
営業時間: 9:00 – 19:00 不定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。