The Peninsula Bangkokで極上のSPAを。

近頃、女性に大人気の旅先の一つがタイ バンコク。

タイ料理やお買い物、美容など様々な楽しみ方がある中で、特におすすめなのがSPA。

 

もちろん街中のリーズナブルなマッサージも良いけれど

一番のおすすめは、憧れのラグジュアリーホテル ザ・ペニンシュラの The Peninsula Spa。

実はバンコクでは東京の半額程というリーズナブルな価格でSPAを受けることが出来るのだ。

 

img_0155

アジアらしい雑多とした雰囲気が広がっていたと思えば

1歩ホテル内に足を踏み入れると、もうそこは “ザ・ペニンシュラの空間” が広がっているから不思議。

まずはその上品な雰囲気をのんびりと感じるために、ロビーで朝のコーヒーを頂いた。

 

img_0170

あいにくの曇り空だったけれど、Spaを受けるにはもってこいかもしれない。

真夏の暑さが厳しい時期や、雨期でもSpaは天候に左右されないところが旅行者にも嬉しい。

 

img_0205

人気のタイ料理レストランは普段、朝食は提供していない。

けれど2月は観光のピークシーズンということで宿泊客が非常に多く、この日は朝食会場となっていた。

 

img_0207-1

奥に見えるのが3階建ての The Peninsula Spa 専門の建物。

 

img_0174

ちなみにこのプールは、チャオプラヤー川サイドがファミリーゾーン。

SPAサイドに近づくに連れ、静かにプールタイムを楽しみたい大人のためのゾーンになっていくとのこと。

 

img_0273

プールを越え、SPAのRECEPTIONへ。

にこやかに出迎えてくれたスタッフの方々に、写真を撮ってよいかと聞くとわざわざ場所を移ってくれた。

 

img_0276

陽の光が差し込むWaiting Spaceには、ファブリックが素敵なインテリア。

 

img_0176

スリッパに履き替えてから担当の方にご案内頂き、SPA専用の建物へと移動。

 

img_0269

img_0178

ちなみにこのSPAは16歳以上のみ利用可能という、大人の落ち着いた空間。

 

img_0213 img_0214

ワクワクした心を落ち着かせながら、施術部屋へと向かった。

img_0260

 

今回私はありがたいことに、2室しか無いRiver Private SpaというSuite Roomで施術して頂いた。

既に適温に温められたスチームサウナや、タイらしいココナッツドリンクが嬉しい気遣い。

img_0219-1

 

宿泊者以外の利用でも、セーフティーボックスがあるので安心。

img_0226

 

そしてこれが2名まで利用可能なリバープライベートスパ。

img_0217 img_0193

 

落ち着きがあり、上品な雰囲気の中に温かさがある空間が素敵すぎて、思わずため息がこぼれた。

img_0216-1 img_0199

 

ちなみにタイ式マッサージを受ける場合は、ベッドではなくこのマットの上での施術。

img_0249

 

素敵なスイートルームにうっとりした気持ちでベッドに横になり、90分のアロマトリートメントを体験。

セラピストの方はとても分かりやすい英語でアロマの説明をしてくださり、

普段のお仕事の事やこの旅での予定などをヒアリングした上で、最適なアロマオイルを選んでくださった。

施術中もマッサージの強さや、部屋の気温など細やかな気配りがあり、終止リラックス。

華奢な女性のセラピストの方なのにとても力強く、フライトや日々の仕事での体の凝りが嘘のように軽くなった。

 

たっぷりと全身をほぐして頂いたのだけれど、気持ちがよすぎて一瞬のように感じた90分。

施術後はお部屋の中でドリンクとデザートを頂いた。

img_0243

 

このスイートには、バルコニーもある。

img_0251

 

目の前には贅沢な景色が広がっているので、施術後はここでリラックスしても良いし

img_0254

 

ココナッツドリンクを片手にフラワーバスでのんびりするのも贅沢。

img_0248

 

ヘアやメイクを直し、自分のタイミングでReceptionへと戻る。

img_0261

 

ちなみに施術で使われたオイルやスキンケアは、もちろん購入可能。

img_0262

 

気づけば次の予定に向けて、ペニンシュラを去る時間。

来る時はタクシーで来たのだけれど、帰りはペニンシュラの専用ボートで戻る事に。

バンコクはタクシー料金がとても安くて嬉しいけれど、渋滞がひどいので時間によっては利用し難い。

img_0302

 

ボートの行き先はいくつかあるけれど、スタッフの方がアナウンスをしてくださるので間違える事はない。

出てしまったばかりだったのでベンチで座って待とうとすると、すぐに次のボートが到着した。

img_0300

 

すっかりペニンシュラのファンになっていた私。

このボートすら味があって素敵だなと思ってしまった。

img_0304

 

今回は宿泊はせずSPAのみの利用だったけれど、次回は宿泊も必ずしたい。

img_0307

 

このSPAをまた受けるためにバンコクを訪れたい。

そう思ってしまう程の気持ちよさに夢見心地になりながら、The Peninsula Bangkokを後にした。

img_0310

—–

The Peninsula Bangkok

333 Charoennakorn Road, Klongsan, Bangkok 10600, Thailand
SPA Tel.:+66 2020 2888
SPA 営業時間: 9:00 – 23:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。