Wicker Parkの絶品フィナンシェ。

今回のソウルで食べたものの中で一番おいしかったものは、Wicker Parkのフィナンシェ。

ロッテワールドの近くなのであまりアクセスの良い場所ではないけれど、

またあのフィナンシェを求めて訪れたいと思うほど。
img_6110

 

店内はとてもシンプルで、男性だけでも入りやすい雰囲気。
img_6053

 

日曜日の13時頃、先客は3組ほど。

きっとこれが日本だったら、お店の外に列ができるくらい混むに違いない。
img_6064

 

フードメニューは、フィナンシェとスモアの2種類。
img_6054

 

シンプルなマグは、重ねておいてあるだけでどこか素敵に見えた。
img_6058

 

二人でオーダーしたのは、アイスラテとホットラテ、そしてスモアにフィナンシェ。
img_6072

 

一見無機質のような、だけどアンティーク感のあるような

この白い壁とゴールドが織りなす雰囲気が、たまらなく好みだった。
img_6077

 

クラッカーの上に板チョコとマシュマロをおいただけのスモアが、なぜこんなに可愛く見えるのか。
img_6078

 

せっかく一人ではなく二人でカフェ巡りをしているので、たまには写真に写ってみたり。
img_6107

 

暑くも寒くもない良い気候だったので、テラス席に出てみることに。
img_6050

 

4月上旬のソウルはまだ少し肌寒いかと思いきや、20度を超える温かさでとても過ごしやすかった。
a1310d28-d6d0-4854-a724-00746d50feb4

 

ここでようやく口にしたフィナンシェ。

一口食べただけで、バターの香りが広がり「これは美味しい」と思わず口にしてしまった。

上品なバターの甘さは重たくなく、外側のカリッとした食感と中側のしっとり加減が絶妙。

そういえば昔からフィナンシェが好きだったな、ということを思い出させてくれた。
img_6139

 

「このカフェのここが素敵だよね」と、勝手に分析する時間もカフェ巡りの楽しいところ。
img_6033

 

帰り際、二人ともフィナンシェをテイクアウト。

その時に気付いたのだけれど、エシレバターを使っているフィナンシェとのことで納得。

飛行機で食べようなんて言っていたにも関わらず、数時間後にはバターの良い香りに我慢できず食べてしまった。

 

旅先で出会う、忘れられない味。

このフィナンシェは間違いなく、その一つ。

 

—–

Wicker Park 송파동

298 잠실대우레이크월드
最寄り駅: Jamsil 蚕室駅 / 2 or 8 号線
営業時間: 火-日 12:00 – 22:00 月 OFF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。