画家が愛した小さな港町-Honfleur-

“オンフルール -Honfleur-“という町を知っている人はどれくらいいるだろう。

モンサンミッシェルと一緒にまわるバスツアーもあるので、
名前を耳にしたことがある人は少なくないかもしれない。
パリから電車で2時間ほどの小さな港町。

街の入り口にはフランスらしいメリーゴーランド。
5月の春先でもパリの北西にあるこの港町は冷たい風が吹いていて
暖かそうな上着につつまれながらはしゃぐ子供たち。

オンフルールは印象派画家の愛した街としても知られていて、絵になる街並みを見渡すと
あちらこちらで絵描きさんがキャンバスを広げていた。

あまり観光情報のないまま小さな街をお散歩。
ふらりと入った教会はサン・カトリーヌ教会という珍しい木造の教会。
木とキャンドルの灯のあたたかさは似ている気がする。

この街のお店は看板が可愛いものばかりだったのも印象的。

あいにくお天気はぐずついていたけれど、海風を感じながら
大切な人ととる食事はどんなにおいしいんだろう。

一人旅だったせいもあり、幸せそうな恋人たちやファミリーを見て
ちょっぴり寂しくなってしまったのもいい思い出。

街の入り口に戻ると、メリーゴーランドはまだ大盛況。

そういえばあのお兄さんは?と覗きに行ってみたら
絵が少しすすんでいた。ほんの少しだけ。

Parisだけでも行きたいところや食べたいものが溢れていて
とうてい時間が足りないと思ってしまうけれど、
Parisからの小旅行はフランスの新たな魅力を感じられるから好き。

—–
*Parisからのアクセス
高速鉄道にて直行便 or LISIEUXにて乗換 2時間程度 EUR 17.00-
PARIS SAINT LAZARE=>TROUVILLE DEAUVILLE
PARIS SAINT LAZARE=>LISIEUX=>TROUVILLE DEAUVILLE
乗換案内/予約はこちら(英語サイト)
—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。