PARIS-h – ヨーロッパ建築のような大阪の美しいベーカリー –

大阪に気になるパン屋さんが数軒あった。

その中で、友人からとくにお勧めされたのが美術館のような外観のパン屋さん パリアッシュ – PARIS-h –
img_8589

扉に近づくと、既にパンの良い香りが広がっていた。

土曜日の11時前。先客の方々とちょうどすれ違い、店内は少しの間貸切に。
img_8574

ハード系のパンが多く、種類も豊富で迷ってしまう。
img_8584

クロワッサンやパンオショコラといった定番はもちろん、日本ではあまり見かけない南仏サントロぺの名品 トロぺジェンヌ も。
img_8582

東京でもパリでもブーランジェリ巡りをよくするけれど、こんなに丁寧に説明書きをしているお店は見たことがない。

具材はもちろん、パンの酸味や硬さなど細かなところまで案内されていた。
img_8585

パンだけでなく、シュークリームやケーキも。
img_8580

冷蔵のショーケースの底にはタイルが敷き詰められていた。

こんなちょっとした工夫で、一気に雰囲気が変わり何倍もお洒落になるのだからすごい。
img_8579

小麦粉やバターにこだわりがあるパン屋さんは、さぞかし焼き菓子も美味しいのだろう。

この日は1日カフェ巡りをする予定だったので焼き菓子は我慢したけれど、次回はぜひ食べてみたい品揃え。
img_8576
img_8583

イートインスペースはないのでテイクアウト。
img_8575

あまりにも外観が素敵なのでお店の外でこんな写真を撮っていたら

常連と思われる高級車に乗った紳士が、微笑みながらこちらを見ていた。
img_8590

ホテルにチェックインしてから食べようかと思っていたけれど

お店の目の前にある川沿いの遊歩道に椅子が並んでいたので、座って食べることに。
img_8591
img_8594

選んだのはクロワッサンとくるみのパン。

クロワッサンは胃が疲れていたからかすこしバターが重すぎるように感じたけれど、食感はサクサクとふわふわの絶妙なバランス。

くるみのパンはゴロゴロと大量のくるみが入っていて、パンの食感とのコントラストがとてもよく香りも豊か。

少し食べたら鞄に閉まっておこうと思っていたにも関わらず、ついつい食べ進めてしまった。
img_8593

海外に来たような気持ちにさせてくれる素敵な店構えと、綿密に計算された本格的なパン。

大阪のパンのレベルを教えてくれた、高級感のあるPARIS-hだった。
img_8571

—–

PARIS-h

〒530-0005 大阪市大阪市北区中之島3-6-32 ダイビル本館102
Tel.: 06-6479-3577
最寄駅:京阪中之島線 渡辺橋
営業時間: 火-土 10:00 – 19:00 日月/休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。