日の光がさすCLAMP COFFEE SARASAとBlowmist BOOM – Kyoto

よく晴れた日、日の光がさしこむ時間帯に訪れたいと思っていた京都のカフェ CLAMP COFFEE SARASA。

 

天気予報に反して、4日間の京都旅行の初日にとても良い青空と出会えたので

京都駅に着いてロッカーに荷物を入れてから一番に向かう事に。

img_0138

 

女子大生が集まるようなフォトジェニックで華やかなカフェというわけではないけれど、

この緑に囲まれた落ち着きのある店構えからして、とても素敵。

img_0115
img_0112

 

木製の素敵な扉をあけると、一気にコーヒーの良い香り。
img_0064

 

男性がデザインしたのだろうか、無駄な飾り気はなくシンプルで整然としたお洒落なインテリア。

img_0057
img_0058

 

席をみつけてから、レジで事前にオーダーするシステムだった。

ケーキなども気になったけれど、朝食を食べていなかったのでシンプルなバタートーストにすることに。

ちなみに、フレンチトーストやピザトーストなどもとても美味しそうなのでいつか食べてみたい。

img_0061

 

こだわりのコーヒーは豆をテイクアウトすることも可能。

img_0059

 

オーダーを済ませ、空いていた最後の一席へ。

大きなテーブルを8人でシェア。

目の前にはフランス人のカップルがいて、時より聞こえてくる知っているフランス語の単語に嬉しくなっていた。

img_0067

 

この通り、お店の半分ほどのスペースが焙煎所になっている。

img_0065

 

実際に使っていたのか、ただのインテリアなのか、レトロな扇風機がこの空間に合っていた。

img_0066

 

途中で席があいたので、狙っていた窓側の席に移らせてもらうことに。

駅からカフェに来るまでに拾い集めた赤と黄色のもみじを並べて一枚。

img_0101

 

そんなことをしていると、カフェオレとバタートーストが運ばれてきた。

img_0104

 

店内の雰囲気から予想はついていたけれど、やっぱりとてもシンプル。

このトーストのパンがとても美味しかったので、どこのお店の食パンなのか聞いておけばよかった。

img_0108

 

日の光が最も差しこむ特等席では、韓国人女性の二人組が一生懸命写真を撮っていた。

もしタイミングが合えばこの席がおすすめ。

img_0111

 

1時間ほどのんびりしてから、混んできたので居心地の良いお店を出ることに。

ちなみに私が座った窓際の席は、外から見るとこんな感じ。

img_0117

 

 

CLAMP COFFEE SARASAを訪れたら、近くにあるフラワーショップBlowmist BOOMもぜひのぞいてほしい。

img_0136

 

生花はもちろん、ドライフラワーでのブーケやリース、アレンジメントなど豊富な品ぞろえ。

img_0121

 

東京まで綺麗な形で持ち帰ることができるように、このシリンダーに入ったドライフラワーを購入。

クリスマスらしいホワイトとゴールドのものを選んだので、一枝50円で販売していた白枝も一緒に持ち帰ることに。

img_0124

 

奥のスペースではワークショップが行われていた。

京都に住んでいたらわたしもこのセンスの良いお花屋さんで、ぜひレッスンを受けてみたかった。

img_0127

 

スタッフの方もとても暖かく、美味しいコーヒーとトーストの後に美しいお花に癒されて

とても気持ちの良い旅のスタートを切ることが出来た。

 

一日の始まりも旅の始まりも、”始まり”はとてもたいせつ。

このカフェとフラワーショップからこの旅をスタートすることができて良かったと思えるお店との出会いだった。

—–

CLAMP COFFEE SARASA

京都府京都市中京区西ノ京職司町67-38
Tel.: 075-822-9397
営業時間: 8:00 – 18:00 毎月最終水曜日定休

Blowmist BOOM

京都府京都市中京区西ノ京職司町67-38
Tel.: 075-811-8787
営業時間: 11:00 – 18:00 毎月第三水曜日定休

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。