花の都の植物園。

パリを表現する言葉は、数多くある。

美食の街や光の街など、人それぞれ思い浮かぶものが違うだろう。

春夏のパリを訪れた人なら、花の都という印象も大きいはず。

街中にお花や木々が美しく咲き誇るパリで、私は初めて植物園を訪れることにした。

パリ植物園

パリの中心から少し南東に行ったところにあり、パリ植物園。

モスク側の入り口から入ると、すぐにバラ園が広がっていた。

パリ植物園

バラの小道もあり、通る人々がみんなバラの美しさに微笑んだり、香りに惹かれて顔を近づけていた。

パリ植物園

お天気が良く上着も脱ぎたくなるような気候の、日曜日の昼下がり。

パリの人々はお金を使わずに楽しく時間を過ごすのが得意と聞く。

このパリ植物園も、広大な敷地のお庭は入場無料。

敷地内にある動物園や博物館は、別料金がかかるとのこと。

パリ植物園

目的地としてパリ植物園を訪れた人もいれば、

お買い物の途中で寄ってみた、というような人もいた。

日本の代々木公園や新宿御苑のように、

都会の真ん中で、広い空と緑を感じられる場所は本当に気持ちが良い。

パリ植物園

パリ植物園

二日前に購入したピオニーをバスケットから覗かせ

ラデュレのマカロンが入ったエメラルドグリーンの紙袋を揺らしながら

心まで晴れ晴れとした、パリ植物園でのひとときだった。

パリ植物園

—–

le Jardin des Plantes de Paris – パリ植物園 –

57 RUE CUVIER 75005 PARIS
Tel.: +33(0)1 40 79 56 01
最寄り駅: Censier – Daubenton M7 / Austerlitz M5,M10,RER C
開園時間: Until 2020 February 2nd : 8 a.m. to 5.30 p.m 以降Websiteをご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。