Gelateria Dangdoのミッフィーアイス。

ミッフィーの顔をした可愛いカップに、耳までついた愛くるしいアイスクリーム。

 

何歳になっても可愛いものが大好きな私は、このアイスを求めてバスに揺られること30分。

土曜日の18時ごろお店に到着すると、悲しいことにシャッターが閉まっていた。

 

営業は20時までだけど、売切れ次第終了。

翌日15時頃にリベンジをすることに。

 

小さなお店の外まで列が出来ていて、10分ほど待ち店内へ。

天井から吊られたアイスクリーム型の電気が可愛い。

 

コーンの用意もあるけれど、私が目にした全員がカップでのオーダーだった。

ミッフィーさんの口以外にも様々なパターンがあり、希望があれば選ぶことが出来る。
img_1617

 

15時の時点で、ジェラートの種類は半分ほどになっていた。

2種類or3種類で値段が異なり、さらに耳の部分にあたる一口サイズのアイスをもう2種類選ぶことができる。
img_1619

 

私は2種類、ピスタチオとライス(お米)味を選択。

一口サイズには、レモンとヘーゼルナッツ。

img_1625

 

米粒が入っていたライスには驚いたけれど、その他の味は全てとても美味しくてびっくり。

可愛いだけでなく、本格的なジェラートだった。

ピスタチオはお店によっては失敗することもあるけれど、Dangdoのピスタチオは完璧。

他の味も食べてみたくなるほどだったので、また今度食べに来ようと決めた。

 

ドアの近くには、この子の姿も。
img_1615

やっぱり好きなんだねと、心の中で思わず笑った瞬間。

 

少しのアイデアで人気に火がついたりする。

けれどやっぱり、味も大切。

Gelateria Dangdoは可愛いだけでなく、アイス好きの方におすすめしたいアイス屋さんだった。


Gelateria Dangdo 당도

서울특별시 마포구 망원동 414-16
最寄り駅: 망원역 (Mangwon) M6
営業時間: 火-日 12:30-20:00 ※売切れ次第終了 月:OFF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。