InterContinental Kuala Lumpurのお部屋と朝食。

今回のクアラルンプール旅行は、H.I.S.のサマーセールでたまたま見つけた

Air Asia直行便&InterContinentalホテル指定で一人5万円以下、という破格のプラン。

 

KLはホテル代がとても安いので、ツアーでなくても五つ星ホテルに気軽に宿泊できるのが嬉しい所。

 

元々は日航ホテルだったこともあり、スタッフの中にはカタコトの日本語を話す方もいた。
img_4185

 

私たちが宿泊した部屋は、リノベーション後の部屋ということでとても綺麗だった。
p9231050

 

枕元にはUSBの充電ポートのほか、日本の家電をそのまま使えるプラグも。
p9231047

 

iPodステーションやテレビ、PCデスクなども完備していて出張者にも便利そう。
b795b0ae-9019-491c-a580-b97a11902d08

 

色とりどりなウェルカムフルーツも嬉しかった。

f7ed83f8-faec-4d18-842d-68727dbad1a9

 

クローゼットも広々。

ちなみに夜は意外と冷えたので、私はパジャマの上にこのバスローブを着て寝ていた。

 

取り外しのできるシャワーの水圧も、もちろん問題なし。

 

十分すぎるサイズのバスタブは、7時間ほどかかるフライトで疲れた体を休めるのに最適だった。

 

アメニティも充実。

歯磨きもあり、毎日補充されていたような気がする。

d41c2440-0d7f-4c21-880a-fd7f077ab0b2

 

実はこのバスエリア、お部屋から丸見え。

でもしっかりカーテンがあるので、友人同士での滞在でもご安心を。

 

22階のお部屋からの眺めがこちら。

クアラルンプールではあちらこちらで工事をしており、

まさに発展中なのだなと実感することが多かった。
img_3907

 

とても安いツアーだったにも関わらず、朝食付きだったのにも驚いた。

パン類は食事に合うものも、スイーツ系も充実。

img_4177 img_4176

 

日本人ゲストも多いのか、和朝食も用意されていた。

img_4175

 

そのほか、中華やマレーシア料理などバリエーション豊かなメニュー。

img_4172

 

連日朝からカフェに行く予定だったので、あまり食べない予定だったのだけれど

Egg Stationがあると、どうしても頼みたくなってしまう。

私は、マッシュルームとチーズのオムレツをオーダー。
img_4173

 

気になったもののオーダーしなかった、Noodle Stationも。
img_4171

 

ビタミン不足を補ってくれるようなフレッシュオレンジジュースに、

甘いものばかり食べていた胃が欲していたからか、とても美味しく感じたウィンナー。

クロワッサンは普通だったけれど、別の日に食べたパンケーキはもちもちで美味しかった。
cf35287f-e9de-4d18-9973-79703ab7aa85

 

レセプションの方々はもちろん、

レストランのスタッフやベルボーイのみなさんもとても愛想がよかったインターコンチネンタルKL。

やっぱり、ホスピタリティは大切だと感じた3日間だった。

 

—–

InterContinental Kuala Lumpur

165 Jalan Ampang, 50450 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia
Tel.: +60 3 2782 6000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。