LCC チェジュ航空で行くグアム

今回グアムを訪れたのは、LCCであるチェジュ航空のチャーター便

成田-グアム間を就航し、より低予算で

グアムを訪れることができるようになったという事で、ご招待頂いた事がきっかけ。

 

初めて利用した成田第3ターミナルと

チェジュ航空の魅力をたくさん発見したので、紹介したいと思う。

 

第3ターミナルの利用の際は、バスでのアクセスが一番簡単。

もちろん鉄道でも、他ターミナルから無料のシャトルバスで移動する事ができる。

確かに簡素な作りだけど、コンビニエンスストアや本屋さん

フードコートなどもあって、不便さは全く感じない。

 

それどころか、フライト数が他ターミナルよりも少ないので

チェックインや荷物検査、Wi-Fiの受け取りをするのにも、あまり待たされない事が嬉しかった。

 

LCCと聞くと、航空券は安いけれど荷物代がかかるというイメージがある人も多いはず。

でもこのグアムチャーター便は、預け入れ荷物2つまで無料なのだ。

サイズの規定はあるけれど、ゴルフバックもそのうちの1つに含める事が可能。

 

チェックインを終えイミグレーションを抜けると、免税店が広がっていた。

 

チェジュ航空のチャーター便は、まず時間帯がとても良い。

往路は成田を10:05に出発し、グアムに15:00に到着。

朝早すぎるわけではなく、到着日もショッピングやサンセットを満喫できる時間帯。

復路は16:10に出発し、成田に19:00に到着。

グアムの空港は、中心部のホテルが集まるエリアから車で15分ほどと近いので

最終日、14時頃にホテルを出発するまで自由に過ごす事が出来た。

19時に成田に到着するのも、翌日からのお仕事に響かない時間帯。

会社員トラベラーとしては、有給を無駄にしないフライトスケジュールが嬉しかった。

 

出発ロビーにはコンセントもあるので、携帯電話の充電をしながら待機。

しっかりと予定の時間に搭乗し、出発。

 

チェックイン時、何も希望を伝えなかったけれど

窓側だったので、何度も窓の外を眺めた。

 

フライト時間はたった3時間ちょっとなので、寝ているとすぐに到着。

私も最初は寝ていたのだけれど、良い香りがして目が覚めた。

LCCなので、フードやドリンクは有料のオーダー制。

でも、ドリンクは二百円から、フードもとても低価格でコスパがよかった。

 

免税品の機内販売にも力をいれているようで、

私は普段から使っている韓国コスメの美容液を発見し、購入!

あと少しで使い切る所だったので、本当に嬉しかった。

韓国系のエアラインなので、ソウルの免税店と同じ金額で購入できたのだ。



もう一つ、とても良いなと思ったのが、グアムの空港で提出する用紙の見本が

日本語で丁寧に書かれていて、とてもわかりやすかった。

英語だけの表記だと、合っているか不安になる事がある。

 

あまりにもあっという間に到着したので、実感がわかなかったけれど

空港から1歩外に足を踏み出すと、太陽の光と南国らしい湿気を感じた。

 

 

あぁ、こんなにすぐに行く事ができるアメリカのリゾートがあったんだ。

それだけで嬉しくなりながら、ホテルへと向かった。

—–

JEJU AIRチャーター便 成田 – グアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。