Guamの透き通る海 Ritidian Beach

正直言って、グアムの海がこれほど美しいとは思っていなかった。

Ritidian Beachの海ほど透き通った海を、私は今まで見たことがないかもしれない。

6b2c794f-9202-4f04-9d47-1027ebe9c630

 

グアムを訪れる全ての人に、この感動を味わってほしい。

けれど1つ、大きな難点がある。

到着するまでの道は、おおきな穴だらけ。

到着するまでにとても苦労するのだ。

 

その道路の写真は、一枚もない。

なぜなら、運転する彼と二人で神経を集中して進んで行っていたから。

悪路の写真や動画はネットで溢れているので、事前にチェックしておくことをお勧めする。

7daecc47-9389-47fe-aab5-7007f4f65b65

 

オプショナルツアーは今の所ないようで、レンタカーかタクシーで行くしかない。

けれど多くのレンタカー会社が、道路のひどさを理由にRitidian Beachへ行くのを禁止している。

私たちは事前に確認したうえで、日産レンタカーを利用し訪れた。

 

駐車場のようになっている場所から、海の香りの方へと進むと…

33383e8c-b32e-44b7-9718-48b0c37ac2bd

 

木々の先に広がる、キラキラと輝くブルー。

もうこの時点で、歓声をあげていた。

98f6097c-6d9c-40ef-a3ba-97e648733d42

 

そして、目の前に現れたのがこちら。
52463a6e-18d5-4cd4-8e93-d407d1c55be8

 

太陽の照り具合にもよるけれど、本当に水が透き通っていて

透明なのに、美しい水色やエメラルドグリーンのカラーがある、言葉では表せない美しさ。
img_1594

 

何枚も何枚も、シャッターを切った。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

脱衣所やシャワールーム、売店などは何もない。

近頃は観光客も増えているけれど、まだまだローカルに人気のビーチ。

パラソルなどもないので、木陰にタオルを敷き寝転がった。

写真を撮ってもらったら、砂浜に落ちていたココナッツが主役の写真がこちら。
img_1610

 

彼はなぜだか、このココナッツがお気に入りだったらしい。

ちょっと理解できないセンスだけど、それも想い出。
img_1620

 

青空よりもブルーの海なんて、なかなかない。
img_1623

 

Ritidian Beachは風が強いため、遊泳はあまりおすすめされていない。

お天気次第では遊泳禁止の日もあるので、入口にある旗の色で判断すること。

この日は禁止ではなかったので、彼は気持ちよさそうに海に飛び込んで行った。
img_1738

 

私は浮き輪がないと泳げないので、気持ちの良い砂浜の上にすわり

美しい海と波の音に、ただただ癒されていた。
img_1633

 

日差しの強い日だったので、足をつけるだけでもとても気持ちがよく

この美しさは多くの人に伝えたいなと思いながら、ビーチ沿いをお散歩。
img_1619-1
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

リティディアンビーチには、売店やシャワーなどの施設はなにもない。

私たちは事前にKマートで飲み物やおやつを購入。

何故か彼が欲しいといったこのコットンキャンディの色合いが、海のブルーに合っていた。
img_1652

 

次にグアムを訪れるときも、絶対にまたここを訪れよう。

そう心に決め、またあの悪路を帰るための気合をいれてこの場を去った。
img_1749

 

自分で運転しろと言われたら、私は絶対に断念するような

でこぼこだらけの道だったけれど、その苦労の価値が存分にあるリティディアンビーチ。

モルディブやコミノ島、クロアチアなど美しい海を多く見てきたけれど、もしかしたらここが一番かも。
f7b338a0-1ad9-4456-8be6-689ba90c5c3f

 

—–

Ritidian Beach

OPEN時間:7:30~16:00
※グアムの休日&悪天候の日はCLOSE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。