スイスで最も大きな都市 Zurich – チューリッヒ – の魅力。

“ストップオーバー”という言葉の意味を理解している人は、どれくらいいるだろう。

日本語で言うと途中降機。

目的地までのトランジット(乗り継ぎ)の街で、24時間以上滞在することを “ストップオーバー” と言うらしい。

 

スイス インターナショナル エアラインズ航空では、【ストップオーバー・スイス】プログラムという

スイス国内の公共交通機関と宿泊先のトラベルパッケージを提案している。

トランジット先の魅力も満喫できたら、とってもお得な気分。なんて素敵なプランなんだろう。

ご招待いただき私が体験した、3泊4日でチューリッヒとインターラーケンを楽しむプラン。

まずはスイスの玄関口、日本との直行便が発着するチューリッヒの街の魅力をシェアしたいと思う。

 

チューリッヒはスイス最大の都市。

とは言え、街の面積という意味ではとてもコンパクトで

チューリッヒ国際空港から中心部までは、電車で20分もかからない。

さらに街中にはトラムが多く走っていて、交通の便がとても良い。

 

リマト川周辺の旧市街に、観光名所や素敵なホテル、レストランなどが集まっている。

 

歴史ある建物と川や湖が調和する美しい街なので、少し歩く度に思わず足を止めてシャッターを切った。

と言いつつこれは、撮られていることを意識しながら街を撮影していた一枚。

 

街中にスイスの国旗が多く掲げられていたのも、印象的。

この日は建国記念日の翌日だったので、普段よりも多かったのかもしれないけれど

そもそも旗を掲げる場所がこんなにあることに、愛国心を感じた。

街中に国旗があると、旅の写真がより一層思い出深いものになる。

 

様々な場所で、曜日ごとにマルシェも行なわれているとのこと。

8月のマルシェでは、たくさんの彩り豊かなフルーツやお花に出会うことが出来た。

2019-08-02 17-17-32

 

朝早くから開いているカフェも多い。

お店の外まで広がる、コーヒーの良い香り。

 

大通りから1本奥に入ると、可愛い小道が広がっていたりする。

 

主張が強すぎず、穏やかでシンプルな街並みは、スイスの人柄に似ているような気もした。

 

ランチで訪れたのは、ヨーロッパで最初にできたベジタリアンレストラン – Hiltl -ヒルトル。

アラカルトと量り売りのビュッフェがあるので、小食な日本人ツーリストも安心。

自分の好きな物を好きなだけ選ぶことが出来る。

 

 

お豆腐でできているナゲットは、チキンだとしか思えない味で驚いた。

2階建ての広いレストランがほとんど満席という人気ぶりも、納得の味。

 

チョコレートで有名なスイスなので、個人的にケーキやスイーツも気になっていた。

トリップアドバイザーでも評判の高いCafé1842は、指定記念建造物内にあり

ケーキはもちろん、インテリアや店内の雰囲気もとても魅力的なお店。

 

宝石かのように飾られているクッキーたち。

 

時間の都合でお茶はできなかったけれど、次回はぜひ食べに行きたいと思っている。

 

実際に食べてとても美味しかったおすすめは、Sprüngliという老舗メーカーのLuxemburgerli。

ミニサイズのマカロンで、見た目も可愛く味も抜群。

チューリッヒの空港でもいくつか店舗があったので、お土産にもぴったりの絶品だった。

 

フリータイムに訪れたのは、事前にカフェリサーチをしていて気になっていたMontmartre。

ちょうど通り雨が降ってきたので店内の席を利用したものの、テラス席が私のお気に入りポイント。

 

一緒に旅したSakieちゃんと、雨があがるまで気づけばノンストップでおしゃべりをしていた。

 

広い店内ではないけれど、隣のテーブルとの距離もあるので窮屈感がなく居心地の良いカフェ。

シックな店内は、雑誌の中の世界のようだった。

 

たった1泊しかしなかったけれど、それでもとても満足できる滞在となったチューリッヒ。

ストップオーバーにぴったりの、コンパクトなエリアに見所の詰まった美しい街。
—–

スイス インターナショナル エアラインズ航空

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。