セーヌ川から、眺めるパリ。

パリの中央を流れるセーヌ川。

“セーヌ川クルーズ”は、パリ観光の中でも人気。

 

クルーズと聞くと、高級そうなイメージがあるかもしれないけれど

セーヌ川クルーズにはフレンチ料理を食べながらのコースと、

食事は付かず、美しい景色を楽しむだけのコースがある。

食事無しの場合、1時間のクルーズが15ユーロ程度なので気軽に楽しむ事が出来るのだ。

 

私のおすすめの時間帯は、夕暮れ時~夜になる頃。

5月下旬だったこの日、私は22時発の船で、パリという街の美しさを改めて実感した。
セーヌ川クルーズ パリ

 

いくつかの会社がセーヌ川クルーズを運航しているが、コースや価格はほとんど変わらない。

私はたいてい、その時いる場所から一番近くに乗り場がある船に乗る。

Bateaux Parisiensの乗り場は、エッフェル塔からすぐ。

22時のシャンパンフラッシュとともに、私たちのクルーズがスタートした。
セーヌ川クルーズ パリ

 

少しずつ遠くなるエッフェル塔を見送ると、パリで最も美しいと言われるアレクサンドル3世橋の下を通過。
セーヌ川クルーズ パリ

 

ボケている写真も、絵になると感じてしまうのは私だけだろうか。
セーヌ川クルーズ パリ

 

オルセー美術館やルーヴル美術館など、セーヌ川沿いにはパリの名所が集まっている事に気づかされる。
セーヌ川クルーズ パリ
!セーヌ川クルーズ パリ"

 

セーヌ川沿いには、おしゃべりをしたりダンスを楽しむ多くのパリジャンたち。

“観光客” である私は、そんな “パリジャン” の日常を、羨望のまなざしで見つめていた。
セーヌ川クルーズ パリ

 

火災が起きた後、初めてノートルダム大聖堂の様子を目にした瞬間。

私だけでなく多くの乗客が、息を飲みながら言葉を発さずに、ノートルダムを見守っていた。
セーヌ川クルーズ パリ

 

ノートルダムを過ぎると間もなく、船は向きを変え再びエッフェル塔の方向に進み出す。

出発時は青かった空も、戻る頃には深みを増した夜の色に変わっていた。
セーヌ川クルーズ パリ

 

船着き場に着くと同時に、23時のシャンパンフラッシュ。

おかえりと言われている気がした。
セーヌ川クルーズ パリ

 

暖かくお天気の良い日なら、日中のクルーズも気持ちが良いし、

サンセットの前後であれば、変わりゆく空の色を楽しむことも出来る。

風を切って進むので、窓のない席からダイレクトにViewを楽しみたいなら

夜は上着を多めに持っていく事をお忘れなく。

 

何度パリを訪れても、なぜかまた乗りたくなる。

そんなセーヌ川クルーズ。

 

**TabiMUSE旅行記 -カメラと巡る、パリの旅。【TabiMUSE Tour in Paris】-はこちら

 

—–

Bateaux Parisiens
Port de la Bourdonnais 75007 Paris
Tel.: +33 1 76 64 14 45
最寄り駅: Champs de Mars – Tour Eiffel RER C / Bir-Hakeim M6 / Trocadéro M9
運航時間:
4月-6月&9月 30分毎 平日 10:00-22:30 週末 10:00-23:00 ※13:00&19:30発は無し
7月&8月 30分毎 10:00-23:00 ※13:00&19:30発は無し
10月-3月 1時間毎 10:30-22:00 ※13:00&19:30発は無し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。