Roujeでパリジェンヌ気分。

2016年のこと、パリジェンヌのJeanne Damasが手がけたブランドRoujeが、オンラインショップとしてスタートした。

パリでの人気ぶりから、2018年には日本でもIENAが取り扱うようになり話題をよんでいた。

そんなRoujeが2019年の秋、ついに路面店をOPEN。

滞在先からも近かったので、覗きに行ってみることに。


SOLDEが終わった後にも関わらず、多くのゲストが来店していた。

まだ寒い2月だったので、冬物とこれからの春物が混在。


この小花柄は、Roujeの象徴的なデザインだと思う。

日本で着ている人を見かける度に、つい目を奪われた記憶に残るワンピース。


コスメやネイルグッズなど、Roujeは洋服以外の取り扱いがある事を、初めて知った。

ゴールドBaseのデザインが素敵で、これならメイクBOXに仕舞わなくても可愛いかも、なんてずぼらな事を考えた。


Sézaneからも歩いて10分程度。

きっと、この2店舗をハシゴする人も少なくないのではないだろうか。


実際に購入するものがあるかどうかはわからないけれど、パリを訪れる時はまた覗きに行きたい。

“パリジェンヌが惹かれるものを、この目で見たい” という、好奇心。

—-

Rouje

11 bis, rue Bachaumont 75002 Paris
Tel.: +33(0)1 88 33 60 33
最寄り駅: Sentier M3
営業時間:月-土 11:00–19:30 日:OFF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。