Terroirs d’Avenir – 忘れられない美味しさのパン。

深夜発のAir Franceでパリへ飛ぶと、CDG空港に到着するのは早朝の5時ごろ。

ホテルに荷物を預けた後、近くのMontorgueil通りへと向かった。

パリの中でもグルメ通りで知られているこの通り。

日の出前の朝7時にOPENしているお店はそう多くなく、私たちはCafe du centreというお店に入った。

そこで食べたクロワッサンが本当に美味しくて、どこのブーランジェリーの物か聞きそびれた事を後悔していた。


その数日後、ホテル近くで評判の良いブーランジェエリーを探そうとGoogle Mapでリサーチをし、高評価のお店を発見。

徒歩3分の場所にあるBoulangerie-Pâtisserie Terroirs d’Avenirを訪れると、朝から長い列ができていた。


口コミで高評価のクロワッサンと、バゲットが欲しいと夫に伝え、私は外で待つことに。


お店から出てきた彼の手にクロワッサンはなく、バゲットと “Croustiflan” を嬉しそうに手にしていた。

Croustiflanは、キャラメル部分がカリッと焼き上げられたフラン(ケーキのショーケースの上に乗っている丸いもの)。


『クロワッサンは?』と尋ねると『あれ、クロワッサンも欲しかったの?』と焦る彼。

聞いてなかったのか..と少し落ち込んだもののまた並ぶ気にもなれず、帰りがけにもう一度寄る事にした。

バゲットはいたって普通で、パリで食べるバゲットの中では特別美味しいというレベルではなかった。

けれど、Croustiflanは驚くほど美味しかったのである。

日本に持って帰りたいと思うほど美味しくて、後で購入する予定のクロワッサンが、より楽しみになった。


行きたかった場所や買いたかった物を買い、ホテルに戻る前にもういちどパン屋さんを訪れると・・

クロワッサンは売り切れだった。

でも、パン・オ・ショコラが一つだけ残っていたので、迷わず購入。

一口食べて、『美味しい!これは絶対、初日の朝に食べた絶品クロワッサンの生地!』と、声に出した。

バターの風味と、サクッとした外側の生地、内側は口に入れるととろけそうなほどふんわりとしていて、完璧だった。

彼も一口食べて、納得。

これほど美味しい、Perfectなクロワッサン/パン・オ・ショコラに出会えることは、そうない。


地図も見ずに、隠された宝物を探し当てたような気分に、胸が踊った。

ちなみにこのブーランジェリーがあるネル通りは、とても短い通りにも関わらず気になるお店が多くあった。

向かいにあるお洒落な店構えのこちらは、チョコレートショップ。


後から知ったのだが、行列ができていた青果店や精肉店は、ブーランジェリーと同じTerroirs d’Avenir系列。

食物の生産者と消費者が結びつかない食文化に疑問を抱き、自らが選びぬいた生産者の作る食品を消費者に提供しようというコンセプトとのこと。

そんな想いと情熱のつまったものだから、こんなにも多くの人の心を掴んだのだと納得。


フランスでは、美味しくないパンに出会うことはそうない。

けれど、その分 “美味しい” パンが多いので、”忘れられない美味しさ” のパンに出会うことも、そう多くはない。

そんな中、Terroirs d’Avenirのパンは間違いなく、忘れられない美味しさだった。

次回は滞在先が遠かったとしても、またこのパンを求めてニル通りを訪れるに違いない。

—-

Boulangerie-Pâtisserie Terroirs d’Avenir

3 rue du Nil – 75002 Paris
Tel.: +33(0)1 84 79 88 05
最寄り駅: Sentier M3
営業時間:火-日 8:00–16:00 月:OFF

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。