便利でお洒落なAMSのホテル – Kimpton De Witt Amsterdam

プライベートで旅をする時は、ホテルを選ぶ時間も楽しくて好きだ。

インテリアの趣味や、立地の良さ、口コミ評価などをリサーチし、その旅のスケジュールも考慮して決めている。

対して取材や出張で行く時は、自分でホテルを選ばない事がほとんど。

そんな中でお気に入りのホテルに出会うと、自分で選んだ時とはまた違った高揚感に包まれる。


オランダのアムステルダムで過去に数回宿泊したこのホテルが、良い例だ。


Kimpton De Witt Hotelは、アムステルダム中央駅からすぐという好立地にあるデザイナーズホテル。

カジュアル過ぎずスタイリッシュなインテリアは、老若男女問わず好感が持てそうな印象を受けた。


Work Spaceによさそうな大きな机もあり、Wi-Fiのスピードも◎


最後に訪れた時に改装中だった中庭は、この後どんな風に姿を変えたのだろう。


客室内も、凝ったデザインのもので溢れていた。


一人で寝るには勿体無いほどの大きなベッドの上には、部屋ごとに異なる絵が飾られていた。


冷蔵庫やコーヒーマシーンのほか、Bluetoothスピーカーやヨガマットまで完備。

PCデスクも使いやすく、コンセントが多いのも助かった。


個人的に驚いたのは、木製のインテリアと大理石プレートを合わせても、バランスが悪くなかった所。

このグラスもとても可愛かった。


大通り沿いなので、部屋によってはトラムの走る音などが少し聞こえる事も。

音に敏感な場合は、予約時やチェックイン時にリクエストをすると良いかと思う。


私は、バスタブ付きの部屋をリクエストした。

真冬の2月に訪れた時は、バスタブのありがたみをより一層感じた。

凍った運河の上でスケートが出来る事もあるほど、アムステルダムの冬は寒いのだ。


アメニティはシャンプー、コンディショナーとリキッドソープ。

アムステルダム発のMarie-Stella-Marisというブランドのもので、日本では近頃United Arrowsが取り扱い始めたらしい。


イメージがないかもしれないけれど、デザイン大国とも言われているオランダ。

ホテルだけでなく、カフェも素敵なショップが多く、ヨーロッパの中でもアムステルダムは特にお気に入りの街の一つ。

プライベートではしばらく訪れていないので、いつになるかはわからないけれど、次回のオランダ旅が今からとても楽しみだ。


—-

Kimpton De Witt Amsterdam Hotel

NIEUWEZIJDS VOORBURGWAL 5, 1012 RC AMSTERDAM, THE NETHERLANDS

Tel.: +31(0)20 620 0500

最寄駅:Nieuwezijds Kolk T2/11/12/13/17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。