Cottoncakeでショッピングがてら、カフェ休憩。

アムステルダムに、必ずリベンジしたいと思っているカフェがある。

そのお店の名は、Cottoncake。

名前からして可愛い。


外から見ると、一見カフェだとはわからない。

洋服や雑貨などを販売しているショップのロフトに、カフェスペースがあるのだ。


残念ながらラストオーダーの時間を過ぎていて、コーヒーやフードは味わうことができなかった。

カメラを手にしていた私に、スタッフの方が「写真はいくらでも撮っていってね」と、優しく微笑んだ。


沈んでいく太陽の光が差し込んで、とても美しい光景が広がっていた。


基本的にホワイトベースのカフェが好み。

そこにアンティークの要素が加わると、間違いなく好きになる。


Onlineでもショッピングが可能で、お店での受け渡しもできるようだ。

Websiteを見たところ値段もリーズナブルで、可愛い品がたくさんあった。

Pick Upついでにカフェでお茶をできるなんて、アムステルダムで暮らす人々が羨ましい。


このお店では新型コロナウイルスの影響でお店を閉じている間に、どうやら店内のペイントをしなおしたらしい。

“ピンチをチャンスに変える”ような行動に、好感を持った。

何より素敵だと思ったのが、Websiteに書いてあったこの文章。

We are happy to announce we are open again a few days a week in a bright, freshly painted store.

【 Unfortunately no hugging yet! 】

We have set some guidelines to assure you and our staff a safe shopping experience.

常連客に愛されるカフェなのだと、容易く想像できた。


国や地域によって休業補償などの制度が違うけれど、世界的に過去にないほどの不景気となっている今。

少しでも多くの “オーナーやスタッフの想いが詰まったお店” が、また無事にドアを開けることを、願ってやまない。


—-

Cottoncake

Eerste van der Helststraat 76HS, 1072 NZ Amsterdam

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。