星のや軽井沢 – スパプログラム 目覚めのトリートメント 颯「そう」で始める1日 –

リトリート旅で欠かせない要素の一つにSPAがあると思う。

都会のビルで壁に囲まれて受けるマッサージも体の凝りを解してくれるけれど、旅先でのスパとは全く違う。

今回私は、星のや軽井沢で2021年4月からスタートしたスパプログラム 目覚めのトリートメント 颯「そう」 を体験した。

深呼吸とストレッチ、オイルトリートメントからなるこのプログラムは本当に心地よく、全てのゲストに経験してもらいたいと思ったほどだった。


このプログラムは朝限定で、受付時間は10:00 – 11:30。

事前に体を温めておくのがお勧めとのことだったので、メディテイションバスで入浴をした。

ちなみにこのメディテイションバスには燦々と光が差し込む「光の湯」と、真っ暗闇のなかで感覚が研ぎ澄まされる「闇の湯」があり、瞑想に最適の温泉だ。

朝と夜それぞれ明るさや暗さが異なるように感じたので、宿泊したらぜひどちらも試して欲しい。

メディテイションバスの建物にあるスパのレセプションで受付をした後、スパ専用棟へと向かった。


スパのためだけに作られた4棟全てが川に面していて、水の流れる音や鳥のさえずりが聞こえる。

テラスから見えるのは、美しくのどかな光景。

星のや軽井沢のWebsiteにあった「目でも 深呼吸をしていた」という言葉が思わず浮かんだ。まさに、その通りだった。


この素晴らしい空間で、プログラムのスタート。

まずは腹式呼吸や深呼吸。

私は普段呼吸が浅くなりがちなのだけれど、意識することで深く呼吸をすることが出来た。

続いてはストレッチ。

スタッフの方と対面でソファに座り、一つ一つ丁寧に教えてもらうスタイル。

自宅に帰ってからも一人でできるような簡単な動きばかりなので、仕事中に体を伸ばすのにも良さそうだ。

ストレッチ後は、コンサルテーション。

特に体のどのあたりが疲れているかなどを伝え、この後のオイルトリートメントでは首肩周りを重点的に行ってもらうことに。

バスローブに着替え、準備万端。


オイルは軽井沢の森をイメージした、モミ、ヒノキ、ヒバ、スギなどの香りをブレンドしたオイル。(ちなみに花粉症持ちの私も、全く問題無し。)

感想はというと..月並みな言葉になってしまうことが悔しいくらい、本当に気持ちよかった。

力の強弱が素晴らしく、偉そうに聞こえてしまうかもしれないけれど「経験と自信があるプロによる施術」だと感じた。

ここは流して欲しい、ここは力強く押して欲しい、といったポイントを全て抑えていて、至福の時間だった。

施術が終わった時、思わず「これは何分のトリートメントでしたか?」と尋ねた。

気持ちが良すぎて、もっともっと施術を受けていたいという気持ちももちろんあった。

でも何より心身ともに驚くほど軽くなったので、予定より長い時間を受けていたのではないかと錯覚したのだ。

目覚めのトリートメント 颯「そう」のオイルトリートメントは45分。

45分と聞くと長くは感じないけれど、呼吸やストレッチの効果もあり、心身をほぐすのに充分だった。


施術前と施術後には、お茶をいただきながらスタッフの方との会話も楽しんだ。

海外のホテルでもよくスパに行くけれど、言葉の壁がありどこか緊張もしている。

ここではもちろん日本語で、何より人柄が本当に素敵なスタッフの方のおかげで最初から最後までリラックスすることが出来た。


全ての星のや軽井沢のゲストに体験して欲しいと思うほど素晴らしい時間だった。

とは言ってももちろん、1日にスパを受けられる人数は限られている。

気になっている方は後悔しないはずなので、宿泊予約と同時にスパの予約も入れることをお勧めしたい。

私も次回訪れるときは必ずまた、スパを予約しようと心に決めている。


*今回お仕事にて軽井沢を訪れ、星のや軽井沢の宿泊を体験しました。

– 星のや軽井沢 取材記事一覧はこちら

– 軽井沢エリア 取材記事一覧はこちら

星のや軽井沢

〒389-0194 長野県軽井沢町星野
Tel:0570-073-066(星のや総合予約)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。