Yann Couvreurのパリパリミルフィーユ。

有名ホテルやレストランのパティシエとして腕を振るっていたYann Couvreurが、自身のお店を出したのは2016年の春。

話題になっていたその頃からずっと気になっていたものの、今まで何故かお店に足を運んでいなかった。

けれど、今回ついにこの絶品ミルフィーユを食べることが出来て、感動。

img_4526

 

現在お店は10区にある1号店とマレにある2号店、そしてラファイエットグルメに販売のみの店舗。

朝食を食べたCafe foufouから次の目的地まで歩く途中にたまたま1号店があった。

1時間半以上パリの街をお散歩し、そろそろ小腹も空いたというタイミングで再訪。

img_4495

 

以前から思っていたのだけれど、Yann Couvreurはパッケージもとても可愛い。

パステルカラーだけど甘すぎず、お洒落。

img_4496

 

ディスプレイも素敵で、さすが34歳という若さで独立した話題のパティシエのショップだと感じた。

img_4499

 

レジを待つ間ウィンドウを眺めていると、気になるケーキがたくさん。

img_4505

img_4509

 

この可愛いレモンタルトもとても気になった。

img_4498

 

ケーキ以外にヴィエノワズリーも豊富。

この店舗では朝食セットなるものがあったので、今度はこちらも食べてみたい。

img_4512

img_4511

 

Yann couvreurのスペシャリテであるミルフィーユは店内でしか買えない一品。

後から知ったのだけれど販売は12時からなので要注意。

その事実を知らなかった私は11時40分頃にオーダーし、無事購入することができたのでスタッフ次第では融通が利くのかも。
img_4516

 

そして運ばれてきたのがこの見るからにパリパリなミルフィーユ。

1mmにも満たないような繊細な生地と

濃厚なのに重くないカスタードクリームが本当に美味しくて、1人なのに思わず笑みがこぼれた。

まるで絵具のようにお皿に描かれた別添のカスタードクリームも、パイを付けて綺麗に完食。
img_4521

 

きっとこのパティシエが創るものなら、他のケーキも美味しいに違いない。

そんな期待と確信を与えてくれた、人にお勧めしたいパティスリー。

*掲載 旅MUSE COLLECTION
Countdown in Paris - パリ シャンゼリゼで凱旋門の花火とカウントダウン –

—–

Yann Couvreur

*Parmentier店
137 avenue Parmentier, 75010 Paris
最寄り駅: Goncourt M11
営業時間: 8:00 – 20:00 ケーキの販売は11:00- ミルフィーユ等ケーキのイートインは12:00-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。